友人骨折。「志賀高原スキー場」はコース選びを慎重に!

志賀高原スキー場

志賀高原スキー場は長野県下高井郡山ノ内町に位置するスキー場で、志賀高原をベースとした様々な規模のスキー場の総称です。

最標高は2,305mで、これはリフトの完備されたスキー場では日本一であり、また上記の複数のスキー場の総面積は425haと、これもまた日本最大の数値を誇るスキー場となっています。

さて今回はそんな最大級スキー場の魅力・周辺情報をご紹介したいと思います。

おそらく志賀高原スキー場を利用しようかなぁと現在お考えの方は、スキー場以外にも何があるのか気になるはず!

是非ご参考にしていただければと思います。

2016年11月中旬オープン予定!

全19か所のスキー場・52基のゴンドラ(リフト)という驚きのスキー場は積雪の関係でオープンはそれぞれ異なります。

現在10月下旬の段階では多くのスキー場が11月19日のオープンを予定しています。

海抜からの高さがあるためか、他周辺のスキー場よりは早めのオープンとなっており、足慣らしにもぴったりのスキー場と言えるかもしれません。

また12月上旬にはほぼ全てのスキー場がオープンされますので、いろいろなコースを一気に満喫されたい方は12月以降の期間でご予定を立てられると良いのかもしれません。

多くのスキー場は営業を夕方までとしており、(明確なクローズ時間にばらつき有り)12月中旬から翌年3月上旬まではナイターも営業しており、夜20:00まで滑走することが出来ます。

最低標高1km越え!?

全体で22ものエリアで構成されたスキー場で、その特徴は何と言っても広大さであると言えます。標高差自体は1kmほどありますが実際に滑走することのできる最大標高差は700m程度です。

とは言うものの最大滑走距離は7kmで、また志賀高原の全山共通フリーパスを使用した際、この19エリアすべてのコースを満喫することができ、その広大さに圧巻すること間違いなしです。

また最低標高は1,300m以上あるため、本州内で比較した際は全体的に雪質がかなり高い部類に属すると言えます。

しっかり悩んでコース選びを決めよう!

「選択肢」がこのスキー場のコースの特徴です。

自分自身のレベルや一緒に行く人とのレベルを考慮して、どのスキー場にするか?

そのコースにするか?

時間帯もしっかり決めておくと良いでしょう。

総コース数は79本で、ビギナー・中級が手を出すと大怪我しかねないコースも意外と多いスキー場です。

私の友人は下調べもせず行った結果、見事病院に運ばれましたので、本当に下準備だけはしっかりしてもらいたいと思います。

話は戻りますが、スキー・スノボのどちらで滑るのかでも大きく場所が変わるかと思います。

特にスノーボーダーに人気の「寺子屋」周辺・「一ノ瀬」周辺はしっかり押さえておきたいところです。

グループで行かれる際、特にコースの相談は大切だと思います。

私自身、友人の怪我のおかげで「病院付き添いコース」でしたが、前日までにお互い滑りたいコースをいくつか挙げてどうしようかワクワクしながら話し合っていました。

スキー場までは険しめの道のり

車で行かれる場合、練馬I.Cからは信州中野I.Cを経由し現地まで 約3時間30分、また大阪・名古屋からは信州中野I.C経由でそれぞれ約6時間、約4時間とかなり長い道のりとなるでしょう。

またJR北陸新幹線を利用時は1時間30分ほどで長野駅まで、そこからシャトルバスを利用し現地までという方法もアリだとは思います。

また駐車場についてですが、各エリアにそれぞれ駐車スペースが用意されています。

ただ駐車場自体もスケールが大きいためか、まずどのスキー場を利用するか決めてからではないと、最悪希望のエリアへは遠回りになってしまうケースも考えられるので、駐車スペースの心配はその後にされるのが良いかと思います。

食べ物ですら良い意味で悩ませる

志賀高原スキー場には「レストラン利用券」というチケットがあります。

お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、スケールが大きいのはスキー場や駐車場だけではありません。

エリアごとに周辺のホテルやレストランが賑っており、このレストラン利用券があらゆる場所で利用することが出来るというシステムとなっています。

どれもクオリティの高い食事をとることができます。

スキー場やコースを散々悩ませた後、今度は食事まで選ばせるとは、なかなか罪なスキー場です。

さてここまで志賀高原スキー場の魅力についてご紹介して参りましたが、いかがでしたでしょうか?

中級以上、特に上級者に好まれるスポットとして有名なスキー場ですが、今年もおそらく利用者は多いと予想されます。
是非上手い人の滑りを参考にワンランク上を目指せるようなそんな思い出を志賀高原スキー場で作ってみてくださいね!







志賀高原スキー場