「白い恋人パーク」 2016 イルミネーション以外にも、お楽しみがギュウギュウづめ!

白い恋人パーク イルミネーション

北海道のおみやげといえば、白い恋人を思い浮かべる方が多いかと思います。

白い恋人の製造会社が運営している施設「白い恋人パーク」では、観光客はもちろん地元の方も楽しめるポイントがいっぱい。

今回は、白い恋人パークの概要とイルミネーションの日程や見どころ、アクセス情報などをお伝えします。

白い恋人パークってどんなところ?

白い恋人パークは、北海道銘菓「白い恋人」を製造している石屋製菓が運営している施設です。

メインは有料館内の工場見学ですが、イルミネーション会場の中庭は入場無料です。

見学コースでは、白い恋人などのお菓子を製造している様子が見学できます。

入館料は高校生以上が600円、中学生以下が200円、3歳以下は無料です。

有料館内には、お菓子作り体験工房やチョコレートラウンジなどがあります。

お菓子作り体験工房では、オリジナルの白い恋人作りやクッキー作りなどができます。

こちらは、事前の予約が必要なプランもありますので、詳しくは白い恋人パークのホームページで確認するか、白い恋人パークに電話でお問い合わせの上でご予約ください。

お問い合わせ:白い恋人パーク総合案内  TEL / 011-666-1481
お菓子作り体験工房予約:http://www.shiroikoibitopark.jp/attraction/hands_on.html

チョコレートラウンジはイギリス製のアンティーク家具に囲まれた空間が特徴的で、イギリスに来たかのような気分でスイーツを味わうことができます。

最上階の窓からは手稲山や中庭のイルミネーションを眺められますよ。

昼食は「レストラン梟巣(おうるず)」で食べることができ、北海道産の食材を使ったメニューやスイーツなどが豊富です。

「ショップ・ピカデリー」ではおみやげやケーキ、オリジナルグッズなどを買うことができ、「キャンディ・ラボ」ではかわいらしいキャンディ作りを実際に見ることができます。

また、2016年12月1日に、室内でのびのびと親子で遊べる「キッズタウン」がオープンしました。

ひとりあたり30分200円(30分延長は200円追加)ですが、ままごと・絵本・お絵描き・ベビー用など目的に分かれて設置されています。

「うちの子は小さいから大きい子がいる場所では遊ばせられない」「寒さや雪が心配だから、子供を連れて行けない」と今までおでかけを控えていたお母さんやお父さんにはうれしいニュースですね。

このように、一日通して家族みんなが楽しめるようになっていますよ♪

<有料館内 基本情報>
*料金:一般(高校生以上):¥600(税込)・ 中学生以下:¥200(税込)

*チケットカウンター:営業時間/9:00~18:00(最終入館受付 17:00)
        

*オーロラの泉:1870年頃に作られたイギリス・ロイヤルダルトン社製の冬季の噴水。

*チョコレートカップコレクション:現在では作られていない貴重なカップをご覧いただけます。

*パッケージラベル:昔のチョコレートのパッケージを展示。

*チョコタイムトンネル:19世紀イギリスのチョコレート工場の様子を再現したジオラマ。

*白い恋人工場見学:稼働時間 9:00~17:10
 ■時間帯により製造ラインの清掃を行う場合があります。
 ■製造ラインは、予告なしに停止する場合があります。

*お菓子作り体験工房:前日までの予約要

*チョコレートラウンジ:イギリス製のアンティーク家具に囲まれた喫茶室。

白い恋人パーク イルミネーションの日程

白い恋人パーク イルミネーションは、2016年で22回目となります。
2016年11月3日(木・祝)から2017年3月20日(月・祝)で、期間中は無休です。

点灯時間は16時30分から19時30分まで。
ただし、19時以降はゲートの外からイルミネーションを見る形になります。

白い恋人パーク

ちなみに白い恋人パークとの営業時間は9時から18時までで、入館の受付は17時までとなっています。
ショップ・ピカデリーとキャンディ・ラボの営業時間は9時から19時までです。

<白い恋人パーク 営業時間まとめ>

営業日:年中無休

パーク:09:00~18:00
ショップ・ピカデリーとキャンディ・ラボ:09:00~17:00」
レストラン梟巣(おうるず):10:00~18:00(ラストオーダー17:00)
工場見学:09:00~18:00(入館受付は17:00まで)

<イルミネーション日程>

期間:2016年11月3日(木・祝)~2017年3月20日(月・祝)*期間中は無休
時間:16:30~19:30 (19:00以降はゲート外からの見学になります)

白い恋人パーク イルミネーションの見どころ

約11万球のLEDによるイルミネーションが、建物や中庭をきらびやかに彩ります。

白い恋人パークの建物とマッチした風景の中にたたずんでいると、まるでヨーロッパにいるみたいです。

サンタクロースのソリや約10メートルのメインツリー、トナカイのオブジェは撮影スポットとしても人気。

サンタクロースのソリには乗ることもできますので、ソリには撮影待ちの人が並ぶこともあります。

建物の窓に並んでいる約250体の雪だるまもかわいらしくて好評です。

札幌からくり時計台のライトアップも見どころの一つ

毎時になると約10分の演出が見られるのですが、ライトアップとのコラボレーションは幻想的な雰囲気がさらに盛り上がるでしょう。

白い恋人パークへのアクセス

公共交通機関を利用する場合

地下鉄東西線「宮の沢駅」から徒歩7分で到着します。

車を利用する場合

札樽自動車道新川ICから約10分、新千歳空港から高速を利用して約60分で到着します。

駐車場は無料で、450台分のスペースがあります。

白い恋人パークのイルミネーションを見に行く場合のポイント

防寒をしっかりしておでかけしましょう。

あたたかい飲み物が欲しい場合は、チュダーハウス1階のテイクアウトコーナーであたたかいチョコレートドリンクを購入できます。

白い恋人のチョコレートドリンクは濃厚で甘いので、チョコレート好きな方におすすめです。

わたしは見学コースで白い恋人の製造ラインを見たことがあります。

慣れ親しんでいるおみやげが作られている様子を見られたのは貴重な体験でした。

見学が終わったら、できたての白い恋人を1枚もらえましたよ♪

随所に見学者が飽きないような工夫が凝らされていますので、機会がありましたら見学もしてみてくださいね!







白い恋人パーク イルミネーション