初心者必見!スノーボード・ブーツ購入時には、必ずここを見て!

スノーボードとブーツの選び方

スノーボードを始めようとウインタースポーツ専門店に入ってはみたものの、何を見たら良いのか分からないなんてこと、もしかしたらあるかもしれません。

お店に入らないにせよ、サイトのチェックだけではどうしても信憑性が薄く感じてしまう…。

結局いつの間にか色・デザインしか見てないなんて、そんな経験ありませんか?

今回はそんな皆さんに何を根拠に、どこにこだわりを持ってボード・ブーツを選べば良いのか、ご紹介をしたいと思います。是非紙とペンのご用意を!

初心者は「操作しやすい」スノーボードを!

ボードにはそれぞれ最適に長さというものがあります。

これは実際に使用するプレーヤーの身長によって変動をしてきます。

一般的に指標として

・ 175cm以上の方は「身長から約20cmマイナス」
・ 160~175cmまでの方は「身長から約15cmマイナス」
・ 160cm以下の方は「身長から約10cmマイナス」

のボードが最適の長さであると言われています。
これを参考にまずボードの長さを決めましょう。

長さが決まれば、次はボードの形状です。

ボードは目指しているスタイルによって形状が全く変わります。

形状の種類数だけでも結構あるので、真剣にスノボを始める際はスノボ専門店のスタッフさんと相談して決めた方が絶対に良いですが…。

趣味程度に始めようかとお考えの方であれば「キャンバー形状」のボードを選ぶと良いでしょう。

ボード板の基本とされており、その特徴は安定性にあります。

ボードというのはどれも一長一短で癖が強いのも勿論あります。

その中でキャンバーの安定性は初心者にとって光るものがあり、形状にこだわりがなければ、一枚目はキャンバーで行きましょう!

他にもボードを選ぶ際のチェックポイントは沢山あり、あとはお店の人に何枚か候補を挙げていただくなどが無難な選び方ではありますが、もう一つ初心者でもしっかり見ておきたいポイントとして「ボードの硬さ」があります。

この硬さというのもプレースタイルに依存する傾向にありますが、初心者さんの購入の際でもしっかり悩んで購入をしたいところです。

柔らかければその分コントロールがしやすいですが、板に負担の掛けるような重たいコントロールは難しくなります。

重たいコントロール・また脚力の強い方が購入をされる際は「硬め」をおすすめしますが、ただ今回は操作のしやすいスノーボード選びということなので、柔らかい板をおすすめさせていただきます。

実は重要なブーツ選び

去年のことです。

友人がスノボ一式のレンタルで、適当にサイズもしっかり確認もせず、そのままサイズの合っていない「ぶかぶか」ブーツをレンタルしました。

その結果、彼は骨折。

やむを得ず私もその日はプレーを中断、友人を病院まで付き添いするハメとなりました。
もちろんウェアを着たまま。

友人の彼に限ったことではありませんが、初心者・中級者問わずブーツ選びは皆、疎かにしがちな傾向にあるように感じます。

しかしこのブーツ選びこそが他の何よりも大切なことなので、購入の際は特に慎重に選びたいところです。

ブーツの種類としては主に2つに分かれますが、正直これは好みの問題で実際どっちでも良いです。

「ボアシステム」は着脱がスピーディーに行なえる点から多くの方が使用しているシステムブーツです。

「クイックレース」は特に女性からの人気が強いモデルで、あまり力を使わずに締めることが可能なブーツとなっております。

ちなみにもう一つ「紐タイプ」というものがありますが、初心者用としては上記2つが人気であるのと、着脱に時間がかかるという点から説明を省きます。

ウインタースポーツで使用するブーツの多くは一般に「普段より0.5~1cmマイナス」が通説です。

実際に足を通してみて、つま先かかとの空間・ブーツの横幅を自分自身で確かめてください。

その一手間が怪我防止に直結しますので、誰かさん(友人)の二の舞にならないようしっかりチェックをしましょう。

忘れちゃいけないデザイン性

これまで外見ではなく機能面を中心にお話をしましたが、いかがでしたでしょうか?

プレー中は常に怪我と隣り合わせのため安定性・機能性は、おろそかにできません。

また読んでみて感じた方もいらっしゃるかとは思いますが、こういったアイテムはネットで購入するのではなく、実際に専門店などで自分自身の感性と、お店のスタッフさんとのコミュニケーションを通して決めるようにしましょう。

サイトなどで販売しているアイテムの試着はできないので、足を運んだ上で機能面をしっかり確かめたいところです。

しかしウインタースポーツというものは本来「魅せてなんぼ」のスポーツです。

長い付き合いをしたいなら品質確かな「BURTON」から、コスパを重視するのであれば「K2」からチョイスするのがベストです。

また他にもボードのブランドは多いので、今回ご紹介した選ぶポイントを踏まえた上で、他人にデザイン性で引けを取らない、お気に入りのアイテムを見つけましょう!







スノーボードとブーツの選び方