スノボ初心者へ始め方を教えます!ただし「はまりすぎ」には注意してね。

スノーボードのはじめ方

滑れたらかっこいいスノーボード。

特に若い世代に人気のウインタースポーツですが、未経験者からは難しそうだったり、照れがあったりで、気にはなっていたものの初めの一歩がなかなか踏み出せない読者も多いのではないでしょうか。

今回はそんな皆さんがスノボの第一歩を踏み出せるよう、必須情報をおまとめしたいと思います。これを参考に素敵な一歩を踏み出しましょう!

始める前に準備しておきたいもの

まず大切なのはボード選びです。

実際ほとんどのゲレンデでボード・ウェアの一式レンタルを行なってはいますが、自分専用の私物が一つでもあれば、それだけでモチベが上がるというものなので、「今後長く続けたいな」と思っている方には是非購入をお勧めします。

またウェアを購入する際はちょっとでもいいので、時間を掛けて悩んでみて下さい。

ウェアは安いものでも1万円前後します。
そして普段着と違い長期で着ることになるかと思います。

そのため、購入後そのウェアの色が、あなたの「イメージカラー」になると言っても過言ではありません。

自分らしさがしっかり出てくるポイントなので、購入の際はお店やサイトにて真剣に悩みましょう!

他にも手袋やゴーグル、ブーツなども必須アイテムとなり、最低限買わなくてはいけないものになります…。

しかしこれらを全て用意するとなると余裕で10万円を越えます。

まだ完全初心者からすると「今後たくさん滑ることになるのかも分からないし、そんなの買えない」という声が聞こえてきそうです。

ただし上記に記載のある通り、ほとんどのゲレンデでは一式レンタルが可能なので、板だけ・ウェアだけ・なんなら手ぶらでも滑れないことは全然ないので、心配はないです。

寧ろ一番に準備したいものは、アイテムとかではなく「スノボを楽しみたい」という気持ちと「転んでも起き上がる」根気です。

スクールを利用している人のイメージ

どんなスポーツの初心者にとっても、「何から始めれば良いのか悩む」というのが最初の難関・世の常です。

ゲレンデでもよくスクールに参加している方は見掛けますが、皆さんはスクールに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

実際にわたしが参加してみて感じたのは周りも完全初心者ばっかりで、何人かの友人の集まりで参加されている、そんな印象でした。

内容も用具のつけ方や、正しい転び方、止まり方…など初心者にはなかなか良心的なコースが多いですよ。

コースによっては半日スクール・1日スクールがある場所がありますが、1日スクールに参加しておいて損は無いと思います。

ただしソロで始めた方や、どうしても恥ずかしいという方も少なからずいます。

ですがそういう方でスクールを利用せず、スノボを始めて上手くなったという方も大勢いますので、何度も滑っては転倒を繰り返して、我流を極めるのも全然アリだと思います。

知っておきたい絶対に「やってはいけないこと」

スキーやスノボに関わらず、斜面でくつろぐのはマナー違反ですし、初心者であっても絶対やってはいけません。

自分だけでなく他人まで事故に巻き込む可能性もあります。

初めての事で気持ちが舞い上がってしまいがちですが、せめて端でくつろぐなど対策をし、現地のプレーヤー全員が気持ちよくゲレンデを利用できるよう心がけましょう。

またウインタースポーツは他のスポーツと比較しても、怪我をしやすい傾向にありますので、滑る際はコースを決めてしっかり周りを見るようにしましょう。

また吹雪いてきたり、自分の体調が悪化してきたりなど、ゲレンデでは様々なシチュエーションが想定されますが、その都度「あ、もうそろそろ止めた方がいいかな」と好奇心にセーブを掛けるよう意識した方が良いでしょう。

滑られるようになってくると楽しくて楽しくて仕方ありません。

そうなってくるともうそう簡単に歯止めも効かなくなりますので、そうなる前に「好奇心ブレーキ」!これをしっかり掛けましょう。

スノボ初心者でも楽しい、おすすめスキー場!

まずおすすめしたのは「岩原スキー場」です。

歴史ある老舗のゲレンデで、今でも学生の団体がスキー合宿によく利用されており、個人的に初心者におすすめしたい一番のスキー場です。

すごーくワイドな規模のゲレンデで、毎回滑る度に違ったコースを楽しむことができます。またワイドな上に緩斜面なエリアが多いので初心者がそれなりに楽しむにはぴったりのコースとなっています。

「斑尾高原スキー場」も個人的にはお勧めしたいゲレンデの一つで、こちらは初級~上級の幅広いコースが公式では30種類も用意されています。

ちょっと上手くなってきたプレーヤーさんや「上手な人のプレーが見たい」というプレーヤーさんにはこちらの方がオススメかもしれません。

どちらも人気のスポットなので、行かれる前に下調べもしておいた方が良いでしょう!

とりあえず手ぶらでいいから、はじめてみよう!

さてここまで必須情報をおまとめしましたが、いかがでしたでしょうか。

完全初心者には敷居が高そうなスポーツではありますが、上記の通りレンタルも可能なので、気軽にプレー自体は出来るのではないでしょうか。

実際にスノボに触れてみて楽しさが理解できてから、初めてスノーボードを購入する。

これがベストな流れかと思います。

まずは今年、手ぶらでもいいので、ゲレンデへ遊びに行きましょう!スノボがあなたを待っていますよ!







スノーボードのはじめ方