袖ヶ浦公園の桜 2017年  お財布に優しく一日中遊べます!

袖ヶ浦公園の桜

 

袖ヶ浦公園は内房の袖ヶ浦市のほぼ中央にあり、近くには東京ドイツ村や三井アウトレットパークがあります。

袖ヶ浦公園はお財布に優しく、2017年の桜も多くの人々がこられることでしょう。

お爺ちゃん御婆ちゃん、お父さんお母さん、お兄さんお姉さん、子供達も家族揃って一日遊んでもあきることなく過ごせる場所です。

それぞれに楽しい場所がありますよ。

食事ができる施設が限られていますので、是非お弁当持参でピクニックシートを敷いて野外での食事をされることをおススメします。

満開の桜の木の下でのお弁当はポカポカした春の一日をいっそう楽しいものにしてくれます。

開花予想は? 桜だけじゃあありません。

桜は例年ですと3月の下旬には開花し始めます。

袖ヶ浦公園は草花の管理が大変行き届いており、一年中綺麗なお花を楽しむことができます。

パンジー、水仙、菜の花、マリーゴールド、アジサイ、日日草、葉ボタン、サルビアなどが次々と植えられています。

他にも梅園は2月、花菖蒲は5月から6月に最盛期を迎え観光バスでお客さんが見にやってきます。

桜の咲くころには水もぬるんで白鳥や鯉、アヒルやカモたちも元気に動き回る様子が上池と下池で見ることができます。

園内はほとんどバリアフリーになっていますので、車椅子でのお散歩も無理なくできます。

お爺ちゃん御婆ちゃんも無理なくのんびりと散歩ができますよ。

小さいお子さんは、花壇が配置されている下池周辺の遊具に人気が集まるようで、近くにはウサギ小屋もあります。

運動不足のお父さん世代には、上池をぐるりと周るランニングコースがおすすめ。

花を愛でながら走ることができますよ。

 

満開時期いつ頃? どれくらいの期間?

満開は4月になってから迎えることがほとんどです。

桜の満開期間は天候次第ですから、咲き始めて雨も風もなければ一週間は満開の桜を楽しめるはずですが、今年はどうでしょう?

お天気が安定することを祈りましょう。

お天気さえよければレジャーシートを敷いて野外での食事をおススメします。

道路を挟んだ向かい側に駐車場と「ゆりの里」の直売所がありますので、のぞいてみてください。

公園内の「花のテラス」で軽食はできますが、元気いっぱいの子供達のお腹を満足させるにはお弁当持参がいいですよ。

レジャーシートをお好きなところに敷いて満開の桜や花壇のお花を眺めながらの贅沢な食事はいかがでしょうか?!

めいいっぱい体を動かして遊んだりランニングをしていい汗をかくと自然と食欲も湧いて野外での食事もすすみますね。

暖かくお天気の良い日に一日中公園で過ごすことが出来たら、皆さん満足間違いなしです。

 

桜の種類は? 見所はどこでしょう?

ソメイヨシノと八重桜が1000本でお出迎えします。

ソメイヨシノは下池の周りをぐるりと取り囲んでいますので、のんびり一回りできますね。

老人福祉会館の建物の前は、菜の花とソメイヨシノが同時に咲き誇り、本当にほんわかとした春を感じることができますよ!

4月の下旬になると下池と上池の境界になる道沿いに八重桜が咲きます。

こちらも見ごたえがあり、濃いピンクのボンボンがたくさん木についているよう。

和菓子の道明寺がいっぱい木になっているようにも見え(るのは私だけ?)ます。

上池の奥にあるアドベンチャーキッズ広場は小学生高学年に人気で、年中無休の無料施設で飽きることなく子供たちが遊ぶ姿が見られます。

アドベンチャーキッズ広場へは郷土博物館の駐車場からが便利ですよ。

袖ヶ浦公園案内図

袖ヶ浦市ホームページより

 

最寄り駅とアクセス情報。 やっぱりアクアラインは便利です!

アクアライン

JR袖ヶ浦駅より平河行政センター行きのバスで「袖ヶ浦公園」バス停下車

アクアラインを渡って袖ヶ浦ICより15分

無料の駐車場が3カ所と「ゆりの里」にも駐車スペースがあります。

郷土博物館の駐車場からは上池周辺の施設利用に便利ですよ。

 

春の陽気に誘われて、家族全員でおでかけしよう!

郷土博物館周辺には「万葉の里」「アクアラインなるほど館」や上総掘りや竪穴式住居、旧進藤家など興味をそそる施設があります。

万葉集で読まれた歌の歌碑と、それに因んだ植物を照らし合わせながらのお散歩は、兄さんお姉さんのチョッとした勉強になりますよ。

アクアラインを利用したら是非「アクアラインなるほど館」で海底のトンネルがどうやって作られて快適なドライブができるのか知っておくのもいいですね。

お天気さえ味方に付ければ、出費を押さえて一日中健康的に家族全員が遊ぶことが出来ます。

急にポカポカ陽気になったら水分補給に気を付けて野外で過ごしましょう。

それぞれお好みの場所で時間を過ごしリフレッシュすること間違いなしです。

野外での食事も非日常を体験することで楽しさ倍増です。

桜の開花のころは、ちょっとした天気の違いで一日前の温度差が上下しますので、外での活動は体を動かしている時とじっとしている時の服装には配慮が必要ですね。

万一桜の時期を逃してしまったら、是非菖蒲の季節に訪れてみてね。







袖ヶ浦公園の桜