タカラジェンヌもうっとり♪ 見事な桜 宝塚の「花のみち」 2017

宝塚 花のみちの桜

 

宝塚の「花のみち」は阪急電車・宝塚駅から宝塚大劇場を結ぶ道路のことを言います。

タカラジェンヌが行き交う道なのです。

桜の時期は訪れた人々もタカラジェンヌの花道の気分を味わえるかもしれません。

まさに「花のみち」はタカラジェンヌのシンボルの道なのです。

「花のみち」を歩いていると宝塚を意識したいくつかのブロンズ像も楽しむことができます。

中でもオスカルとアンドレの「ベルサイユのバラ」のブロンズ像は立ち止まって「アンドレ~!」「オスカル~!」と腕を伸ばしてポーズをとってみたくなるかも。

私だけかもしれませんが・・・。

この記事では、宝塚「花のみち」の桜の開花予想、満開時期・期間、見どころなどをご案内していきます。

2017年春のおでかけプランにいかがでしょうか。

宝塚「花のみち」桜の開花予想

花のみち開花予想

去年の開花日は3月31日でした。
今年は今のところ例年通りの開花と予想されます。

 

宝塚「花のみち」の満開時期・期間

花のみち満開予想

去年の満開は4月2日でした。

今年は、例年通り見ごろは4月上旬から4月中旬と予想されます。

詳しく知りたい方は時期が近づいてきましたら宝塚市国際観光協会の観光ガイドなどをご参考ください。

宝塚市国際観光協会
TEL:0797-77-2012
受付時間:平日AM9:00~PM5:30

 

宝塚「花のみち」の桜の種類・見どころ

花のみちのみどころ

ソメイヨシノが約100本植えられています。

「花のみち」はレストランやお洒落な店が並び、桜の時期は沢山の人々が訪れます。

宝塚大劇場までの満開の桜並木は薄桃色のトンネルになり、とても美しく晴れやかな気分になります。

心が弾み思わず笑顔がこぼれることでしょう。

タカラジェンヌの美しい生徒さんとすれ違ったりするとドキドキしてしまいます。

厳しいレッスンを受けて頑張っているんだなと思うと、わたしも前を向いてしっかり歩んでいこうと勇気をもらえる気がするんです。

「花のみち」にあるベンチに座って桜を眺めている人もいて、その人の眼差しが穏やかで幸福感に満ち溢れていたことを思い出します。

「花のみち」の地面には手塚治虫のキャラクターのレリーフがあり、それを見て歩くのも楽しみの一つです。

何故ここに手塚治虫のキャラクターが!

実は手塚治虫は宝塚市出身なのです。

歩きながらレリーフを探してみてくださいね。

下を向いてばかりだと人とぶつかってしまうかもしれません。

くれぐれも気をつけてくださいね。

「鉄腕アトム」「ジャングル大帝レオ」「リボンの騎士」「ブラックジャック」「火の鳥」まで見つけることができると、手塚治虫記念館が見えてきます。

手塚治虫記念館

手塚治虫記念館

「花のみち」で桜並木を満喫しながら手塚治虫のキャラクターを見つける楽しみもあり、なんだかワクワクしますね。

 

宝塚「花のみち」への最寄駅・アクセス情報

電車で行く場合

阪急宝塚本線「宝塚駅」から徒歩7分
阪急今津線「宝塚南口駅」から徒歩7分
阪急宝塚本線「清荒神駅」から徒歩10分
JR福知山線「宝塚駅」から徒歩10分

 

車利用の場合

中国自動車道「宝塚」ICから5分

駐車場は「花のみち駐車場」があります。全収容台数が30台です。

周辺にはいくつか駐車場がありますので、あわせてご利用くださいね。

 

宝塚「花のみち」の桜を楽しむために

 

満開の桜並木を楽しみながら宝塚大劇場でミュージカルを観覧しようと考えておられる方は、この時期にある公演をお知らせしておきます。

星組の「THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)」です。

公演日程は2017年3月10日(金)から4月17日(月)。

一般前売り開始は2017年2月11日(土)からです。

美しい桜を見て夢心地、そして宝塚歌劇を観て、より一層の夢心地な気分を味わえるはずです。

「花のみち」には「花のみちセルカ1番館・2番館」があります。

レストランや沢山の楽しいお店がありますよ。

http://www.hananomichi.net/

1番館にオーナーが元タカラジェンヌの「fairy」という雑貨屋があります。

なんと楽屋グッズが揃っているお店なんですよ。

もう一つおススメなのが、やはり一番館にある「アンジェリーナ」です。

雑誌で何度も紹介されるほどの有名なお店です。

ここにある美容クリームが素晴らしいと、タカラジェンヌも愛用しているほどです。

是非お試ししてみてはいかがでしょうか。

http://www.takarazuka-angelina.jp/

それから、手塚治虫記念館にも是非お立ち寄りくださいね。

5歳から24歳まで約20年を宝塚で過ごした手塚治虫です。

この記念館では手塚治虫ワールドが十分に楽しめます。

来館されると手塚治虫の作品を読むこともできます。

手塚治虫

館内にはカフェ・お土産屋もありますから自分の好きなキャラクターグッズを探してみてくださいね。

ちなみに、わたしは「リボンの騎士」のサファイアが好きです!

宝塚「花のみち」の桜満開時期に是非おこしくださいね。

タカラジェンヌも通られる「花のみち」。

ばったり出くわすとテンションが上がること間違いなしです!







宝塚 花のみちの桜