日本さくら名所100選 「鳥取城跡・久松公園」の桜を今年はぜひ見に来て! 2017の開花情報と見どころ。

鳥取城跡久松公園の桜

 

みなさん、こんにちは!

突然ですが、みなさんは植物は好きですか?

私は特別好きというわけではないのですが、自然と咲く花なら大好きなんです・・・

人工的に植えられたものよりも生命力を感じるので、「頑張れ~!」ってなります!

特に好きなのはツユクサというものなのですが、桜も散っていく儚さを見て取れるので大好きです。

今回は、鳥取県にある「鳥取城跡・久松公園」の桜についてお伝えします。

まだまだお花見には時期が早いですが、何事も下準備が大事だと思うんです!

この「鳥取城跡・久松公園」は、「日本さくら名所100選」にも選ばれた、鳥取県を代表する桜の名所、豊臣秀吉の「兵糧攻め」で有名な鳥取城は、「久松公園」として整備されており、国指定史跡の歴史ある公園となっています。

今回は、そんな「鳥取城跡・久松公園」の桜について、

• 「鳥取城跡・久松公園」の開花予想
• 満開の時期とその期間
• 桜の種類と見所
• アクセスの方法

の4点をお伝えします。

この記事を読み終わった頃には、鳥取県へ行きたくなっているかもしせませんよ~?!

2017年の開花予想は?

まずは、「鳥取城跡・久松公園」の桜の開花時期です。

鳥取県は日本海側に面していることから、3月でもまだまだ肌寒く、桜の開花はちょっと遅めです。

咲き始めるのは3月下旬からとなっています。

3月中に見に行っても、少ししか咲いていなかったということもあるかと思います。

 

満開時期とその期間は?

久松公園満開予想

「鳥取城跡・久松公園」の桜が満開の時期は4月上旬からとなっています。

2017年4月1日、2日は土日となっていますが、こちらの日はまだ5分咲きくらいでしょうか。

その次の土日は8日、9日なので、その頃が見頃となっているはずです。

毎年の気候で変わってくるので、花見の時期前に発表される開花予想も頼りにして日程を決めてくださいね。

満開の期間はおおよそ1週間ですが、雨が降ると早く散ってしまうので、満開時に雨が降らないよう祈るばかりです・・・。

満開時には屋台が出て桜を楽しみながら食事もできちゃいますよ!

 

桜の種類と見どころは?

「鳥取城跡・久松公園」には約400本もの桜が植えられています。

ソメイヨシノが中心となっており、その薄いピンク色の花びらに魅了されること間違いなしです!

久松山のふもとにあり、鳥取城跡をメインにして「仁風閣」や「県立博物館」など見どころが多いところがこの公園の特徴。

水堀と石垣が古風な日本らしい景観を作り出し、印象的な場所となっています。

水辺に浮かぶ桜の画は美しく浮かび上がり、春だけの幻想的な場面が見られます。

公園入口には、鳥取県の気象台による桜の開花宣言の指標にもなっている標準木が出迎えてくれます。

 

どうやって行けばいいかな?

「鳥取城跡・久松公園」へのアクセスは、JR鳥取駅から始まります。

「砂丘・湖山」方面行きのバスで約5分の「西町」で下車。

そこから徒歩5分で「鳥取城跡・久松公園」に到着です。

ちょっと時間がかかってもいいから安くという方は、同じく鳥取駅から100円循環バスが出ています。

「くる梨」というバスで、こちらだと鳥取駅から約8分の「県立博物館・仁風閣前」で下車してすぐに公園があります。

 

鳥取県のイメージって・・・?

仁風閣

「鳥取城跡・久松公園」は歴史ある土地にあるため、桜が咲くと不思議な雰囲気に包まれます。

お城と桜のコンビネーションはまさに感動的なこと間違いなし!

また、こちらの公園では夜桜も楽しむことができ、朝から晩まで桜を堪能できるんです!

私は鳥取県出身なのですが、鳥取県のイメージって「砂丘」が一番に来て、その次に来るものがなかなかないですよね・・・。

この記事を機に、日本のさくら100選にも選ばれた桜を楽しんだ後に、ぜひ鳥取県の魅力発掘へ出かけてください!

鳥取県に来て欲しいっちゃ!







鳥取城跡久松公園の桜