効果的なカラーはこの色!UVカットサングラスの正しい選び方と予備知識。

UVカットサングラスの正しい選び方と予備知識!

 

ファッション好きなら必ず1個は持っているサングラスはオシャレアイテムとしてだけではなく、有害な紫外線から目を守ってくれるので外出時には欠かせないアイテム!

サングラスは色の濃いものから薄いものまでとっても種類豊富で、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

メリットを最大限に発揮してくれるサングラスの選び方を紹介していきます。

 

色の濃さは性能と関係あるの?

サングラスといえば濃いブラウンやブラックを想像する人が多いでしょう。

目元スッピンを隠すのに欠かせない色の濃いサングラスですが、選び方を間違えると大変な事になってしまいます。

例えば色の濃い、UVカット加工のないサングラスを付けると、瞳孔が開き大量の紫外線を目に取り込んでしまう可能性があります。

サングラスに必要な性能は色の濃さではなく、UVカット加工が施された物かどうかという事。

じゃあ色の濃いサングラスのメリットってないの?と思う方もいると思いますが、色の濃いレンズは光を透過しづらいので眩しさを避けるのに最適といったメリットがあります。

注意すべき点はレンズの色の濃さとUVカット率は比例しないという事です。

どんなサングラスを選べばいいの?

どんなにUVカット率が高いサングラスをかけても上下左右の隙間から紫外線は入ってきます。

それを防ぐにはゴーグルのようにサングラスと目の間に隙間が出来ない物を選ぶと確実に紫外線カット効果があります。

しかし、そんなサングラスはカッコ悪いデザインが多いのがデメリット。

なるべくフレームに穴が開いた様な凝ったデザインの物を避けましょう。

色が濃いものは避け、レンズの色の薄いものを選択すると紫外線から目を守る効果が高くなります。

それでも濃い色のサングラスの方がいいという方にオススメなのが偏光サングラス。

レンズの色が薄いのに、乱反射する光のギラツキを抑え眩しさを軽減させる効果があります。

見た目も個性的でオシャレなので、人と差を付けたい方にオススメです。

 

オシャレで効果のあるサングラスカラーって?

グレー系のレンズカラーは眩しさを防止するUVカット効果が一番期待できるカラーです。

サングラスの中でもダントツに人気があり一番販売数の多い色。

色の濃いものは目を隠してくれるのですっぴん女子の強い味方ですよね。

暗すぎると瞳孔が開いて紫外線が目に入りやすくなるデメリットがありますが、UVカット効果の高いサングラスを選べば問題なく使用でき、あらゆるシーンで活躍してくれるカラーです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイバン サングラス 国内正規品 Ray-Ban RB3183 004/71 UVカット RAYBAN
価格:19800円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)

グレーの次にUVカット効果の高いカラーといえばブラウンレンズ。

グレーよりも柔らかい印象を与えてくれる色なので、上品な雰囲気に。

サングラスを通した景色も暗くなり過ぎないので、UV対策をしたい女性に一番オススメのレンズカラーです。

ブルー系はクールで爽やかな印象を与えてくれるカラーです。

他の色と比べ景色がクリアに綺麗に見る事が出来ます。

サングラスをかけると周りが暗すぎて見にくいといった方にオススメのカラーですね。

 

サングラス使用時の注意点

サングラスをしていると、つけまつげやまつ毛エクステがレンズに引っかかって、まばたきしにくかったり、ほっぺたに跡が残ったりしますよね。

化粧がよれたり、一度跡がつくと1日中サングラスを付けっぱなしにしとかないといけない、なんて事あると思います。

そんな方にオススメなアイテムがメガネの鼻パットシール!

メガネのズレ落ちを防止するシリコンシールで、メガネの鼻当て部分に貼るとズレ防止やまつ毛がレンズに当たるのを防いでくれるすぐれもの!

値段も安いので、サイズの合わないサングラスを買ってしまった時の応急処置に是非使ってみてくださいね。

 

安いサングラスはやっぱりNG!リッチなサングラスが一番!

巷で売られている数百円のポップなサングラスなどは、レンズに暗い色を付けただけの危険なサングラス。

眩しさは防止できても確実に目は紫外線でダメージを受けてしまいます。

UVカット効果の高いサングラスは値段も高いですが、性能の高い機能的なサングラスを購入する事をオススメします。

目は日焼け止めを塗る事ができない部分だからこそ、気をつけて紫外線対策をしましょうね!







UVカットサングラスの正しい選び方と予備知識!