養老の滝 紅葉のみどころ 2017  「若返りの水」飲みすぎ注意報! 

養老の滝 紅葉

全国にチェーン店がある「養老乃瀧」はある伝説からの命名です。

飛騨・美濃紅葉33選に選ばれている岐阜県養老郡養老町の養老の滝がモデルになっています。

千葉県内の養老渓谷とは全く関係がなく、首都圏内の方には、あまりなじみがありませんが、とても素敵な場所なので、今回、その魅力をお伝えしたいと思います。

紅葉の見ごろはかなり遅め

養老公園の紅葉の見ごろは例年通りですと11月中旬から12月上旬です。
東北地方に比べてやや遅く、改めて日本列島は縦長なのだと感じますね。

台風が落ち着く秋晴れの日を選んでというより、そうなることを祈りながら計画をたててみてはいかがでしょうか。

見どころ・楽しみ方

養老公園内にある高さ30メートルの滝までの路は紅葉のトンネルになっていて、たどり着くまでワクワクしますね。

滝から流れる小川にはそれぞれ特徴のある、七つの橋がかかっていて、休憩や撮影のポイントになっています。

この紅葉のトンネルを抜けると、いよいよお待ちかねの「養老の滝」が見えてきます。

養老の滝は日本の名瀑100選に選ばれているだけあり、水量も多く、雄大で見ごたえ充分。

マイナスイオンを全身に浴びて、しばし瞑想にふけるのもいいのではないでしょうか?

周辺の施設

公園内には「こどもの国」「養老天命反転地」 があり充分に楽しめます。

「こどもの国」は手軽にフィールドアスレチックを楽しめる「ぼうけんひろば」や遊具のそろった「わんぱくひろば」、15000m2もの広さの「のびのびひろば」など、小さなお子さん連れでも楽しめる施設です。

一部禁止エリアを除き、ペットも連れでの利用も可能ですよ。

【こどもの国】

入園料:無料
開園時間:9:00~16:30
休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
ペット連れ込み禁止エリア

「養老天命反転地」は世界的に有名なアーティスト、荒川修氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンス氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できるアート作品です。

とても不思議な場所で、時間をかけてじっくり体感することをおススメします。
「反転地オフィス」「極限で似るものの家」「地霊」「宿命の家」と聞いただけでも??マークだらけになりそうですね。

「行き止まりにぶつかったら天井を見上げよう」って何かいいものなら是非みてみたいですよね。
「構造を体で覚えこんだら、切り閉じの間に挑戦」ってちょっと不安になるようで心配してしまいます。
これは行ってみなけりゃわからない。

かなり急斜面になっている場所があったりしますので、運動靴かスニーカーは必須です。
無理をしてけがをしないよう、要注意です!
けがをする可能性のあるアートって、ある意味すごいですね。

【養老天命反転地】

入場時間 :9:00~16:30 ※開園時間は9:00~17:00
料金:大人 750円
   高校生 500円
   小中学生 300円
コインロッカー 100円

※団体割引は、20名様以上とさせていただきます。
※小学生未満の乳幼児は無料
※障がい者手帳等お持ちの方および介助者1名様は無料。ご入園の際、係員にご提示ください。
※小中学生・高校生のみの入場はご遠慮いただいております。

休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

その他にも、軽食がとれる「楽市楽座・養老」やパターゴルフのできる「養老パターゴルフ」など、1日楽しめそうな施設が
充実しています。

地球にふれるヨロコビ!養老公園

若返りの水伝説

養老の滝伝説は「孝子源丞内」という親孝行のお話です。

日本昔話に好まれそうなタダノお話しなのでしょうか?

多少登場人物などはその地にゆかりのある人が実在したりします。

タヌキやキツネがしゃべったりしなそうなので、信ぴょう性はあるかもしれません。

伝説によると、ある時貧しい木こりの孝子源丞内が岩間から湧く水をひょうたんに入れて持ち帰り父に飲ませたところ、すっかり若返った。

老父によく孝養を尽くす孝子のため、神が水を酒に変えたという伝説です。

この話が都に伝わり、地奈良時代の第44代の元正天皇が「老いを養う若返りの水」とたたえ元号を「養老」としました。

話の中では滝ではなく湧水なので「菊水泉」が近くにありますので是非確認しなくてはいけません。
ちなみに元正天皇は女性です。

アクセス・駐車場情報

東京駅から名古屋駅間はのぞみで約1時間40分 名古屋駅から大垣駅間が約30分 
JR大垣駅より養老鉄道・養老駅まで約30分 徒歩10分の3時間ぐらいです。
駅前には 源丞内がひょうたんを持った像があります。

車ですと東名~名神高速道路大垣ICまで6時間ぐらいは見ておいたほうがよいでしょう。
大垣ICから約20分  駐車料金料金300円です。

温泉宿泊がおすすめ

いずれも宿泊をしたほうが余裕がもてますね。あなたの夏の疲れは「養老温泉」が身も心も癒してくれますよ。

養老温泉 ゆせんの里 ホテルなでしこ

しかし紅葉の季節は厳しい夏を乗り越え冬に備えるわずかな時間に、緑一色だった山が文字通り錦に彩られまさに夢のようです。

奈良時代の実在した天皇と「養老」という元号に思いをはせ、じっくり紅葉を味わってみるのも心ゆったりとした良い経験になりますね。

日中に動かした体は、温泉と適量の「若返りの水」が、ますます夢心地にしてくれることでしょう。

あなたも日頃の疲れを癒しに「養老の滝」に行ってみてはいかがですか?







養老の滝 紅葉