北海道民ママからのアドバイス。 さっぽろ雪まつりは絶対この服装で!(大人編)

雪まつの服装

北海道の冬のお祭りと言えば!さっぽろ雪まつりです。

小さいお子さんから大人まで誰もが楽しめるお祭り内容となっています。
デート、子供との思い出づくり、友達との旅行にもいろんなシチュエーションで楽しめるのが雪まつりのいいところですね。

札幌ってどのくらい寒いの?どんな服装をすればいいの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
これから、気温・服装について書いていきたいと思います。

気温はどのくらい?

例年の平均で言えば、開催月の2月は平均気温-3.1度、最高気温0.1度、最低気温は-6.6度にもなります。
ちなみに、東京の2月の平均気温は5.7度です。
なんと!平均気温が9度近く違うのです!
この差をみてわかる通り2月の札幌の寒さは尋常ではないはず。
ましてや屋外にいることが多くなるお祭り。
どのような防寒をしていけばいいの?と気になるのも当然です。

どんな服装にしたらいい?(上半身)

地元の人の服装

札幌にいくと大体の方はそんなに完全防備はしていません。
インナー、厚くない長袖、コートくらいでしょうか。

私はモコモコするのがとても嫌でそんなに厚着をしません。
窮屈に感じてしまうのです。

でも、それを真似してお祭りに行くと地獄を見ることになりますよ!

普段は外を歩く時間は短いですが、お祭りとなるとそうはいきません。
軽く2時間程度は外にいることになるでしょう。

そうなると話は違ってきますよ。
普段比較的薄着の地元人も完全防備で出撃です。
実際私が着ていく服装は、帽子・マフラー・手袋・温かいインナー・セーター・ダウンです。

帽子

確実に耳まで隠れるものがよいです。
寒さでまずやられるのが耳です。
耳が引きちぎられるくらい冷たくなってしまいます。
そして毛糸の方が保温性があります。
どうしてもなかったら耳あてで代用しましょう。

マフラー

首まわりを温めるだけでかなり暖かさが違ってきます。
リンパ管や血管が多数通っており、暖めることで血流がよくなるのだそうです。
ですから、首を暖めるのと風にさらすのとでは天国と地獄。
マフラーはぜひ付けてほしいです。

手袋

手もすぐ冷えてしまいます。
私のおすすめはつるつるした防水性の手袋です。
毛糸の手袋でもよいのですが、雪を触ると水が浸透し、乾きづらく、さらに冷たくなってしまいます。
絶対に雪を触らない!と決めている方なら毛糸でもいいかもしれませんが、どうせ行くなら雪を触りたいですよね?

ダウン

コートでも良いですが断然ダウンの方があったかいです!
中に厚く綿が詰まっているのでそれだけで保温性抜群です。
さらに、腰まで隠れるくらいの長さがグッド!寒さは腰にもきますからね。
腰が隠れているだけでも暖かいです。
そして、2月の札幌の道路はほんとにツルツルですから、絶対というほど転びます。
そんな時でもクッション代わりになって、痛みをやわらげてくれます。

どんな服装にしたらいい?(下半身)

下は、ジーンズでも大丈夫ですが、さすがに寒くなってしまいます。
風が吹くとアウトですので、中に一枚薄いタイツやステテコなど温かさが持続するものを履きましょう。

スカートなんてもってのほか!
デートでかわいくしたいのは重々承知ですが、デートどころではなくなってしまいますよ!
いくらタイツを履いてもズボンに比べたら月とスッポン。
楽しみたいのならズボンを履いてください。

靴は?

私のおすすめは絶対ムートンブーツです!
中もモコモコで温かく、足首も隠れ靴裏も滑りにくくなっています。
さらに、滑り止めがついていること、暖かさが重要です。

先ほども書きましたが、道路はツルツルに凍り、滑って転ぶことは免れないほどです。
ケガをしない為にも靴裏にスパイクなどつけてください。
今なら靴屋さんなどで簡単につけられるものが売っています。

長靴は寒さが足先に伝わりやすいのでおすすめしません。

とにかく冬の札幌は雪が多く、寒く、ツルツルです。

お祭りとなればかなりの人が集まってきます。
その中で十分に遊ぶとなれば先にあげたような完全防備がおすすめです。

私もそうですが、小さいお子さんがいる方は上下スキーウェアで行くのもありでしょう。
一緒に滑り台をしたり走ったり転んだり。時には子供をかばう時がでてきます。

そのとき十分に守れるように服装はしっかりとしていたほうが良いです。

そして、私が一番気を付けてほしいのが手をしっかりと出して歩いてほしいのです。
かなり混雑し、そしてつるつるです。
転ぶ可能性は大です。

そこで寒いからとポケットに手を入れていては受け身が取れず頭をぶつけて救急車です。
なので、手袋は絶対つけていってください。
そして、安全に札幌での冬の楽しい思い出を刻んでいってください。







雪まつの服装