北海道民ママならこうする。 さっぽろ雪まつりは絶対この服装で!(子供編)

雪まつりの子供の服装

2月の寒い北海道。平均気温は-3.1度。
その寒い中だからこそ、できることが詰まったさっぽろ雪まつり!
どうせならお子さんと思い出づくりをしたいですよね。

ですが、冬の北海道は危険がいっぱいです。
服装を間違えれば楽しめず、さらに風邪をひいてしまうかもしれません。

冬休みが寝込んで終わるのはかわいそうですよね。
ですから、私の地元でもある北海道の冬のメインイベント「さっぽろ雪まつり」に着ていく服装について紹介します。
今回は子供編です。

どんな服装にしたらいい?(上半身)

外にいる時間が多くなるお祭り。
地元の人でも完全防備で行きます。
帽子・マフラー・手袋・インナー・トップス・アウターに分けて紹介します。

帽子

一番寒さでやられるのが耳です。
耳が引きちぎられるほど冷たくなり痛くなりますよ。
これは子供も一緒です。
ですから、耳を覆うような毛糸の帽子がいいでしょう。

毛糸は保温効果抜群です。
どうしてもなければ、耳あてで代用しましょう。ただし、子供ですので、帽子と耳あてが一体型になっていた方が無くさなくていいかもしれませんね。

マフラー

首は暖かさを維持するのにはすごく重要な場所です。
マフラーをしているのとしていないのとでは、天と地ほどの差があります。

首まわりをきちんと暖めると保温効果が増します。
リンパ管や血管が集中しており、暖めると血流がよくなるからだそうです。

大人はマフラーでいいですが、子供は活発に動く為ヒートタイプのネックウォーマーがおすすめです。
これだと、子供も落ちることを気にしないで遊べることでしょう。

手袋

子供にとって雪はどうしても触りたくなるものです。

ですから、防水性に優れた手袋がいいでしょう。
つるつる生地の親指だけ離れているものがベストです。
中には、薄手の手袋を履くとさらに暖かく、濡れても変えやすいです。
安いもので十分ですので替えを用意しておくとよいでしょう。
そして、絶対に紐をつけましょう。
手袋はどうしてか片方だけなくすものです。
私も経験があります。探したくても人が多くて探せません。
無駄にママがイライラしない為にも紐をつけるのがおすすめです。

インナー

ここ最近たくさん出ている、薄手のあったかインナーがおすすめ。
モコモコしないですし、何よりあったかいです。

トップス

あまり重ね着をしすぎてもモコモコして動きにくくなります。
風を通さないよう網目の細かいセーターやニットがよいでしょう。

また、裏起毛のトレーナーもベストです。寒そうなら薄手の長袖と合わせましょう。

アウター

断然!つなぎタイプのスノーウェアがおすすめ!
あったかいですし、防水性にすぐれていて何よりお腹が出ないのが魅力です。

雪まつり会場には小さいお子さんでも遊ぶことができる、滑り台などたくさん遊べる遊具があります。
安心してみていられるようにしっかりとした格好でいきましょう。
少し大きいお子さんはセパレートタイプのものでもいいかもしれません。

どんな服装にしたらいい?(下半身)

長時間の真冬の寒さは足元からもきます。
コーデユロイ・裏起毛生地・ジーンズなど暖かいものを選びましょう。
また、暖かいヒートタイプの薄いタイツを履くとベストです。

そして、靴下はあったか素材の薄めのものを選びましょう。
厚手の生地だと靴の中が窮屈になり、まともに歩けなくなったりします。
逆にケガの原因になってしまいます。
また、くるぶしが隠れるくらいの長めのものがよいでしょう。
足首も冷やすと全体が冷えてきてしまいます。

靴は?

冬用の子供靴も色々おしゃれなものが増えてきています。

ですが、雪まつりを思いっきり楽しむにはヒールがないもので高さが長めのものがよいです。
くるぶしが隠れるくらいでしょうか。
足に雪が入らないようにするためです。
靴底はギザギザの滑りにくいものを選びましょう。
2月の道路はつるつるです。転んでしまわないようにしましょう。

冬と言ってもこれだけ厚着をしていっぱい動けば汗をかきます。
いつでも水分補給ができるように用意しておきましょう。

そして、汗をかいた後に着替えられる服・タオルも持っていきましょう。
風邪をひいてしまっては元も子もありません。

ここまで色々とかいてきましたが、子供だけ楽しんでも親が楽しまなければ子供も楽しくありません。
ママもパパもじっくり子供の相手ができるように防水が効いた完全防備の格好でいきましょう。

せっかくの雪まつりです。親子で楽しみましょう。

それでは楽しいお子さんとの時間、きれいな雪と共に快適にお過ごしくださいませ。







雪まつりの子供の服装